小児泌尿器

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎は、男性器の皮が被っていることで菌が感染・繁殖し、炎症や痛みを引き起こす病気です。
また、強い刺激や下着との擦れによって起きることもあります。
ほとんどの場合は、抗生物質を服用することで炎症が治まります。

症状

  • 男性器が痛い
  • 痒い
  • 赤く腫れている
  • 水ぶくれのようになっている

包茎

お母さんからのご相談の中でも、特に多いのが男の子の包茎に関するお悩みです。
3~4歳くらいまでには自然とむけていきますが、包皮の先が極端に狭くなっていると、排尿時に皮の内側に尿が溜まり膨らむことがあります。
清潔な状態を保つためにも、心配な方はお早めにご相談ください。

症状

  • 亀頭が全く見えない
  • 炎症を起こしている
  • 排尿時に膨らむ

夜尿症・おねしょ

5~6歳よりも前の睡眠中の排尿はおねしょと言いますが、5~6歳になって、さらに頻繁に睡眠中に排尿をしてしまう場合は夜尿症と呼んでいます。夜尿症のほとんどは発育障害が起きている訳ではなく、軽い安定剤のようなお薬を飲むことで改善されていくことも少なくありません。焦らずに、一度ご相談にいらして頂ければと思います。

症状

  • 小学校に入学しても、おねしょが治らない
  • 頻繁に睡眠中の排尿がある
  • 起きている時は自分でトイレに行けるが、寝ている時に排尿してしまう
水野医院 043-271-5719
初めての方へ 男性泌尿器 女性泌尿器 小児泌尿器 Q&A よくあるご質問 スタッフブログ